ステップアップstepup

ステップアップでは、ダイビングのプロフェッショナルに必要な知識と技術を身につくまで反復練習し、プロとして活動するのに欠かせない資格を取得します。

PADIステップアップ

PADIステップアップ:図


ステップアップ(新人研修)の様子
新人研修

対象コースインストラクター養成コース、ダイブマスター養成コース、
マリンスタッフ養成コース、

OWアップデート(オープンウォーターアップデートの様子
OWアップデート(オープンウォーターアップデート)

対象コースインストラクター養成コース

OW講習の開催方法を学びます。(ダイビング資格取得のためのオープンウォーター講習ではありません)。

OW(オープンウォーター)講習の様子
OW(オープンウォーター)講習

対象コースダイブマスター養成コース、マリンスタッフ養成コース

ダイビングを安全に楽しむために必要な知識とスキルを身につけます。

AOW(アドバンス)講習の様子
AOW(アドバンス)講習

対象コースインストラクター養成コース、ダイブマスター養成コース、
マリンスタッフ養成コース

5つのダイビングシーンをテーマに、ダイビングの知識と技術を深めます。

SP(スペシャリティ)講習の様子
SP(スペシャリティ)講習

対象コースインストラクター養成コース、ダイブマスター養成コース、

より深い知識と技術を習得します。受講必須科目は大深度を経験するディープダイビングと、水中での捜索と回収を学ぶサーチ&リカバリーです。その他に1つ、希望の科目を受講できます。

EFR(エマージェンシー・ファースト・レスポンス)講習の様子
EFR(エマージェンシー・ファースト・レスポンス)講習

対象コースインストラクター養成コース、ダイブマスター養成コース、
マリンスタッフ養成コース

事故者のCPR(心肺蘇生法)とファーストエイド(応急手当)について、実践を交えて学びます。

RD(レスキュー)講習の様子
RD(レスキュー)講習

対象コースインストラクター養成コース、ダイブマスター養成コース、

これより前の資格は、自分自身の知識・技術を向上することに主な目的が置かれていました。レスキュー講習では、自分以外のダイバーを視野にいれて、ダイビングを安全に行う方法、つまりトラブルを未然に防ぐための知識や方法・トラブル対処・事故発生時の救命方法などを学びます。

DM(ダイブマスター)講習の様子
DM(ダイブマスター)講習

対象コースインストラクター養成コース、ダイブマスター養成コース、
マリンスタッフ養成コース2シーズン目

ダイブマスター以降はダイビングのプロ資格となり、他のダイバーの安全に責任を負う立場になります。・知識開発と評価:ダイブマスターの役割・安全管理・潜水理論
・水中能力とスキルの評価:泳力、デモンストレーションレベルの水中スキル・レスキュースキル
・ダイビングのリーダー・講習のアシスタントなど、様々なシーンを想定した演習
以降のIDCやインストラクター試験では、プロダイバーとしての総合力が問われます。個々の知識やスキルは、この段階でしっかり身につけておきましょう。
EFR IR(エマージェンシー・ファースト・レスポンス・インストラクター)資格取得の様子
EFR IR(エマージェンシー・ファースト・レスポンス・インストラクター)資格取得

対象コースインストラクター養成コース
インストラクタートレーニングコース(継続教育)/マリンスタッフ養成コース2シーズン目(継続教育)

EFR一次ケア二次ケア、子供のためのケア、CPR & AEDコースを開催できるインストラクター資格を取得します。
コースの開催方法、器具(AED:自動体外式除細動器)の取り扱い方法などを習得します。

プレIDCの様子
プレIDC

対象コースインストラクター養成コース
インストラクタートレーニングコース(継続教育)/マリンスタッフ養成コース2シーズン目(継続教育)

IDCを効果的に行うため、それ以前に理解・習熟しているべき知識やスキルの確認を行い、苦手分野を克服します。
IDC(インストラクター開発コース)の様子
IDC(インストラクター開発コース)

対象コースインストラクター養成コース
インストラクタートレーニングコース(継続教育)/マリンスタッフ養成コース2シーズン目(継続教育)

インストラクターとしての自覚と責任を身につけます。将来、自分がダイビング講習を行うことを想定した、実践的なカリキュラムです。・水中スキルをデモンストレーションレベルで行う。
・模擬講習(知識開発・水中)。
・安全に講習を行うための、水中でのゲストコントロール。
・お客様とのコミュニケーション/お客様のトラブルを改善する。
・各種評価(知識・水中スキル・レスキュースキル)
IE(インストラクター試験)の様子
IE(インストラクター試験)

対象コースインストラクター養成コース、インストラクタートレーニングコース

インストラクター試験に合格し、インストラクター資格を取得します。
(IEはPADI JAPANが実施します)

開発トレーニングの様子
開発トレーニング

対象コースインストラクター養成コース、ダイブマスター養成コース

シーサー独自の、インストラクター試験のための補講です。知識開発、スキル習熟、および泳力アップやスキントレーニングを行います。
レスキュートレーニングの様子
レスキュートレーニング

対象コースインストラクター養成コース、ダイブマスター養成コース、マリンスタッフ養成コース

シーサー独自のプログラムです。SSCコース生だけでなく、シーサーで働く先輩スタッフも含めて行います。事故を未然に防ぐための対策を皆で話し合い、様々なトラブルを想定したトレーニングを行います。

開発トレーニングの様子
OMSBスノーケリングIR(OMSB スノーケリング インストラクター)ー資格取得

対象コースマリンスタッフ養成コース

スノーケリングが初めてのお客様でも、安全に楽しめる方法、またその指導方法を身につけます。
水上バイクの操縦・牽引の様子
水上バイクの操縦・牽引

対象コースマリンスタッフ養成コース

水上バイクで安全に牽引するための技術を習得します。

マリンスポーツのレクチャーの様子
マリンスポーツのレクチャー

対象コースダイブマスター養成コース(4月コースは実施なし)

各種マリンスポーツを安全に催行するための方法や、遊び方のコツなどを学びます。・マリンウォーク(シーウォーク)
・シーカヤック
・パラセーリング アシスタント
阿嘉島研修の様子
阿嘉島研修

対象コースインストラクター養成コース、ダイブマスター養成コース、マリンスタッフ養成コース

シーサー阿嘉島店(ケラマ諸島阿嘉島)にて、各種研修を実施します。コース終了間近に行う卒業旅行は、コース生全員で一緒に潜る最後のチャンス!感慨深いとともに、最高の思い出になります。

カメラ講習の様子
カメラ講習

対象コースインストラクター養成コース

カメラの使い方(陸上・水中)。実務トレーニングの一環で、マリンメニューに参加しているお客様を撮影することがあります。


ステップアップ内容

 インストラクター
養成コース
ダイブマスター
養成コース
マリンスタッフ
養成コース
ダイブマスター養成
4月コース
新人研修
OWアップデート
OW講習
AOW講習
SP講習
RD講習
EFR講習
DM講習
EFR IR資格取得
プレIDC/IDC 
IE 
開発トレーニング 
レスキュートレーニング
カメラ講習   
OMSBスノーケリングIR資格取得   
水上バイクの操縦・牽引   
マリンスポーツのレクチャー   
阿嘉島研修

○は、各コース中に実施します。
□は、コース修了後、継続教育に進んだ場合に実施します。