那覇店の台風対策🌀〜別れもあれば出会いもある〜

おっしょい!博多の女・池内です!

 

前回の台風9号バービーに比べて今回の10号ハイシェンは、過去最大級とはいえ、阿嘉島には9号ほどの被害はもたらしませんでした。

とはいえ、明るくなって来たかと思えばまだ時折雨風が強くなるタイミングもあるんですけどね。(※6日18:00現在)

 

そんな台風の前9/4・9/5と、私はOW講習のアシスタントとして勤務しました。

講習内容は勿論のこと、天候や海況によってはこなすスケジュールが多少前後したり、ボートは出られないけど深度を確保しなければいけないからと潜る場所が港だったりと、イレギュラー対応をしなければならないこともあることも学びました。1番大事なのはゲストと私達スタッフもの安全なので。

1日目にボート2本をこなしたけど、まだサンゴの綺麗さやキンメモドキも沢山居た中で生き物の面白さまでは見る余裕も無さそうだったし(私もそうだったのでよく分かります…。)、海況の具合と尚且つスキルをするのに適した場所というのを考慮すれば、行けるポイントが本当に限られていたので、今度はもっと良い海況と天候の時に素晴らしい慶良間の海を感じて貰いたいな、と切に願うのであります。

 

…何だか口調が堅くなってきたのであります。笑

きっと昨夜、NHKでやっていた江戸川乱歩の短編ドラマを観たせいであります。笑

そしてタイトルの内容からかなり離れてしまっているのであります(^^;;

 

さて、前置きが長くなってしまいましたが、今回お話したいのは那覇店の台風対策のお話。

 

先日の9号の際、船が全便欠航となり島から出られなくなったゲストの為に那覇店からボートが迎えに来てくれたので、シーサーのゲストと他民宿のお客様を連れてスタッフ数人で那覇に出ました。

港に到着後、私は那覇店の台風対策がどんな風に行われているのか見たくてお手伝いをさせて貰うことに。

 

やってることは基本的に阿嘉島店と同じ。

物が飛んでいかないように倉庫周りを片付けたり、

船の窓ような役目の透明なオーニングを外したり、

船の屋根を撤去したりします。

(那覇店の9期生みんなで協力してやってて嬉しかったです(*´艸`)!)

 

阿嘉島店と違うところといえば、

停泊する船数が多い為、他の船が帰港するのを待たなきゃいけなくて作業が滞ってしまったり、そのロープの多さによって他と絡まらないように気をつけなければいけなかったりと那覇ゆえの不便さも感じましたが、

阿嘉島店より那覇店の方がずっとスタッフの数が多い為、作業をしていて、賑やかで楽しかったです。笑

(「コーラちょっとで良いよ!」って注文したら「OK!コーラ、ショットね!」と出してくれるノーラン’s barの優しいマスター。笑)

 

あと、阿嘉島店は、前回の”阿嘉島の台風対策◎”でカッキー先輩が海に入ってロープを対岸に運ぶ様子をお伝えしましたが(写真ではネムリブカ運んできたけど…)

阿嘉島の台風対策◎

那覇店で、画期的でいいなー!便利だなー!と思ったのは、船と岸を係留するロープを対岸に運ぶのに、ジェットボートを使ってるところ!!

 

 

…ですが、写真は有りません。。。

 

何故かというと、その写真を撮った直後、

 

…ポチャン。

 

 

そのスマホを海へ落としてしまったからです…!!涙

 

 

一瞬固まる私。

でもえらい(?)のはすぐに飛び込まずに、船と船の間だったので飛び込むのに安全かどうか瞬時に一応確認したこと。成長したなぁ!←

 

だがしかしココは那覇の港。

阿嘉島の港の様に透明度があるわけでもなければ底は泥。

一応飛び込んでみたものの、自分の手の先すら見えない…。

先輩から深さは8-9mで下はヘドロだからまみれて見えないかもとの情報は貰い、一旦上がって船の予備器材を背負って潜る事に。

 

…みんなが作業してる中何やってんの私…。

 

スマホを落としたことより、作業に関係ないことでやらかして心配かけて迷惑かけて情けないことがショックでズーン…m(_ _)m。

 

先輩達は私がスマホを落とした辺りに潜降ロープまで下ろしてくれて、それを辿ると、底は辛うじて手が届く範囲なら見える透視度。でも、誤って泥を巻き上げようものなら一瞬で視界ゼロになること間違いなし。

 

4ヶ月前の私ならバタバタして泥を撒き上げてそこで終わってたかもしれない。

けど、ここでまた、水底の砂や泥を撒き上げない浮力の調節が出来るようになった自分の成長を感じたのであります…(T ^ T)!!←感動の涙

 

先輩の垂らしてくれたロープを掴みながらそーっとそーっと水底を探ると…

 

 

あったーーー!!!!!

 

上がると、そこには同期が待っててくれてスマホが生きているか確認したけど、当然の如く水没してました…。

それでも、「こっちの手は足りてるし夕方ならまだ携帯ショップが開いてるかもしれんから行ってみな!」と近くのショップを教えてくれて(どんだけ優しい先輩達なの)、読んで字の如く濡れそぼった姿で港を離れ、寮で着替えてショップに向かったのでした。

 

結局、その日は受付時間が締め切られていたり、翌日から台風で営業時間の短縮があったり私のキャリア変更を考える時間がかかったりで新しいスマホを手に入れたのは3日後でした。

 

一応報告を…と思い、阿嘉島に帰る日に事務所に挨拶に寄って、「作業中にご迷惑をお掛けしました。これじゃ手伝いに来たのか邪魔しに来たのか分かんないですよね(ー ー;)。」と話すと、相方はるながみんな話してたよーって言ってた通り、ある先輩が「誰も迷惑とか思ってねーよ。手伝いに来てくれてありがとうってみんな思ってるよ。」って言ってくれて、那覇店の先輩方の懐の深さと優しさを受け取ったのでした。涙

 

同期は同期で、私が「邪魔して携帯壊してホント私何しに那覇に来たんだろーね…」と落ち込んでると、

ソウタは「新しいスマホを買いに来たんだよ!」、

はるなは「私1人じゃ面白いことは起こらない!」と励まし…?

 

…励ましなのか?コレ。笑

 

とにかく、明るく笑ってくれて、私も何だかそんな気がして、出費は痛いが(^^;)、丁度ケースもボロボロだったし最新機種を手に入れたと思えば!と、少し前向きに考えられるようになったのでした。笑

別れもあれば、出会いもある!

 

物も、人も、同じ。

 

…でも今度はもうちょっと気を付けて扱うようにしまーす…(^^;;

 

 

Shiho